効果的な暗記術とは

記憶術活用ガイド

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています

記憶術とは

記憶術とは、たくさんの事柄を暗記する方法の事です。

 

独特の手法で記憶し、一度覚えたものは忘れないようにするテクニックで、記憶術を習得した方は原稿無しで何時間ものスピーチを演説したり、法律などを暗記して資格試験に備えたりすることが出来ると言われています。

 

記憶術が登場したのは、古代ギリシャトいわれています。

 

詩人シモニデスが始め、学問としても、教養としても重要なものでした。

 

当時、議会ではメモをする事が禁止されていたことを背景に記憶術は発達しました。

 

記憶術は英語で「nmonic」であり、その語源はギリシャ神話で記憶を司る女神女神ニーモムシュネー(Mnemosyne 日本ではムネモシュネと発音される事がある)からとられています。

 

その後、中世に引き継がれていき、現在でも受験対策などで多くの方が活用されています。

 

どのように記憶していくのかについての方法はたくさんあります。

 

覚えやすいやり方で暗記する方法に、覚えたい対象を分割し、後に再統合させるといった方法、または、言葉を文字に置き換えるといった方法もあります。

 

どの方法が良いのかは、やりやすさなどには個人差があるので、いくつか試してから選ぶと良いのではないでしょうか。

 

学校受験や入社試験、資格受験などの為に、たくさん暗記をしておきたいという方には是非覚えておきたいものの1つです。

 

特に暗記する量が多い歴史や英単語、数式や地名など、記憶術が役立つ分野はとても広いと言われています。

 

効果的な学習方法としても注目されていますので、より実力をアップさせたい場合は、記憶術を身に付けてみてはいかがでしょうか。

 

記憶術を使いこなして活用する!

 

 


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集