効果的な暗記術とは

記憶術の歴史

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています

記憶術の歴史エントリー一覧

記憶術の始祖・シモニデス
記憶術は、一体どのような形で歴史に登場したのかをご存知ですか。記憶術を初めて行ったとされるのがシモニデスだと言われています。BC556頃のケオス島(現在のケア島)生まれで、たくさんの詩を作ったとされる実在した古代ギリシャの詩人です。オード(日本の頌歌−しょうか−に当たる)と呼ばれる抒情詩の名手と言われており、また、ペルシャ戦時の戦没者を記念した墓碑銘も有名で、当時はシラクサ王ヒエロン1世の招きで宮廷で過ごした経験もあり、BC468年に没したと言われています。古代ギリシャの女性詩人として知られてい...
記憶術と歴史
記憶術は古代ギリシャのシモニデスが基礎を築きましたが、歴史を調べると驚くほどの記憶術を誇る偉人は他にも居ると言われています。シモニデスと同じ古代ギリシャにはキケロが原稿無しで長時間の演説を行ったとする言い伝えがあります。BC106〜BC43年生きたキケロは、哲学者であり弁論家でもありました。原稿なしで3時間にも及ぶ大演説を行ってのですが、話はなんと原稿とそっくり同じだったそうです。後に「弁論家について」という記憶術に関する書籍を遺しています。当時は教養の深さが権力を掴む近道とも考えられていた様で...
記憶術が広まった背景
記憶術が発明された古代ギリシャ以降、歴史を超えて伝わっていった背景には記憶力を高めるという目的だけではなく、他にも理由があると言われています。古代ギリシャで記憶術は修辞学のひとつとされていました。修辞学とは弁論術とも言われており、どんな風に聴衆に納得させる演説を行うか、言論技術を高める為にはどうすれば良いのかを学ぶ学問で、記憶術が登場した時代のギリシャでは雄弁家という演説を行う専門家もいたと言われています。また、そこ頃はメモを使っての弁論は認められておらず、記憶力が大変重視されていたことからも、...
記憶術とパフォーマンス
記憶術は、学ぶべき教養と思われていた過去を持つ反面、パフォーマンスとしても受け継がれてきた所があります。テレビなどで短時間に単語を暗記したり、円周率を何千桁も暗唱している姿が放送されることを目にする時があります。記憶術それ自体は、やり方を覚えればたくさんの情報を覚えることが出来ると言われているものの、スラスラと話すのを見るとやはり驚いてしまいますね。記憶術に優れている方は人々から尊敬されますが、昔は大道芸人でもその様なパフォーマンスを行う人もいて、記憶術を生活の糧にしていた方も居たようです。記憶...
記憶術と脳
記憶術は効果的に脳を使っているから可能になると言われています。では、記憶と脳の関係について説明しましょう。脳には様々な働きがあります。神経を司る中枢で、生命維持には絶対に欠かせない臓器であり、物を考えたり、感情も支配している所です。大きく分けると、大脳、小脳、脳幹の3つがあり、記憶術に関わる部位は大脳になります。大脳は、大脳皮質と大脳辺縁系などに更に分けられますが、記憶に深く関連するのは海馬体とされています。タツノオトシゴのような形に見える所から名付けられ、大脳深部に左右1個ずつあります。なぜ、...
記憶術と五感
記憶術には色々な方法がありますが、中には五感を使って覚えたという経験を持つ方もいます。これは受験などを目的とした記憶術とは少し異なりますが、スポーツを例に挙げて紹介しましょう。ボールを正確に蹴ったり、正しいフォームでラケットを振るといった動作は、何度も繰り返して行う事で覚えていきますね。同じ動きを反復して練習する事でマスターしていくものなのです。体に動作を記憶させることで、しっかり身に付けば全く意識しなくてもごく自然に動けるようになるのだそうです。これは、方法記憶と呼ばれるものなのです。また、試...
記憶術と運動
記憶術を始める前に、ある準備をすると効果が高まると言われていますがご存知でしょうか。それは何かというと「運動」です。勉強の前に運動するなんてと多くの方が思うでしょうが、実は体を動かす事で脳が活発に活動するという事が分かっています。運動とはいっても、ウォーキングのように軽い運動がよいとされており、30分から長くても1時間程度の全身運動がお薦めでしょう。歩くことで全身の血流を促進させる事が出来るので、脳の血行も良くなって、記憶力アップに繋がる事でしょう。それに、歩行は前頭葉に働きかけるとされており、...
記憶術と食生活
記憶術の効果を上げる為には、食生活にも注意しましょう。記憶は体調とも密接な関係があるのです。記憶術を行っても、体調が悪い状態で上手く行くとは限りません。規則正しく栄養バランスのとれた食事を摂る事が大事なのです。さらに効果アップを狙うコツは、記憶力を増す事の出来る作用がある食材を選ぶ事でしょう。脳を活性化させる事で、より大量に記憶できるようになるのではないでしょうか。おすすめの食材は何かというと、DHAが豊富な青魚です。イワシにサバ、ハマチなどにも多く含まれているのです。DHAはドコサヘキサエン酸...
記憶術と睡眠
記憶術で覚えた記憶を定着させる為には睡眠が重要といわれている事をご存知でしょうか。受験勉強などで広く利用される記憶術です。そのせいか、しっかりと記憶する為には寝る間を惜しんで勉強しなければならないという印象があるかもしれませんね。しかし、実は記憶と睡眠は密接な関係があるのです。睡眠不足だと脳も上手く働かない物です。集中力に欠けたり、頭がボンヤリして簡単な計算ミスをしてしまった等は誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。脳には良質な睡眠が必要です。あまり根を詰めて勉強するのではなく、適度に休...
記憶術を仕事に活かす
記憶術は受験のためにマスターする方が多いようです。しかし、記憶術を仕事でも活用する事ができたという体験を持つ社会人も多いようで、仕事の効率が上がる事を期待して学んでもよいのではないでしょうか。記憶術が非常に役立つケースに、プレゼンテーションという場面があります。色々な資料を使い説明したりする時に、重点的にアピールしたいことが確実に相手に伝わるよう、話す内容を予め覚える方が多いようです。しかし、思ったように覚えきれず、手元の資料を何度も確認したりする姿は、「安心して任せられない。信頼性に欠ける」と...

Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集