効果的な暗記術とは

記憶術の始祖・シモニデス

記憶術は、一体どのような形で歴史に登場したのかをご存知ですか。

 

記憶術を初めて行ったとされるのがシモニデスだと言われています。

 

BC556頃のケオス島(現在のケア島)生まれで、たくさんの詩を作ったとされる実在した古代ギリシャの詩人です。

 

オード(日本の頌歌−しょうか−に当たる)と呼ばれる抒情詩の名手と言われており、また、ペルシャ戦時の戦没者を記念した墓碑銘も有名で、当時はシラクサ王ヒエロン1世の招きで宮廷で過ごした経験もあり、BC468年に没したと言われています。

 

古代ギリシャの女性詩人として知られているサッポーや、オリンピック祝勝歌を多数作ったピンダロスらと共に9歌唱詩人の1人に数えられています。

 

シモニデスが記憶術を初披露したとされるているのは、大きな地震が起こった時だそうです。

 

パトロンのスコパコが戦車競争で勝った際の祝勝会にシモニデスが参加しました。

 

訪ねてきた人と面会する為に祝席から出るとすぐ屋根が崩れ落ちてきました。

 

その時たくさんの犠牲者が出てしまいましたが、遺体は損傷が激しく遺族でも全く判断できない程でした。

 

そこで唯一生存者だったシモニデスは、身元を調べる役目に就いたのです。

 

彼は参列していた人物全てを覚えており、位置に関連付けてどこに座っていたかという事まで記憶していたのです。

 

後に、この経験を「記憶劇場」にて理論的に発展させて、「座の方法」としています。

 

これが、記憶術の原型と言われています。

 

シモニデスが編み出したこの情報処理の方法は後世まで受け継がれ、現在、記憶術の発明者がシモニデスであり、始祖とされているのです。

記憶術の始祖・シモニデス関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術の始祖・シモニデス

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています