効果的な暗記術とは

記憶術と脳

記憶術は効果的に脳を使っているから可能になると言われています。

 

では、記憶と脳の関係について説明しましょう。

 

脳には様々な働きがあります。

 

神経を司る中枢で、生命維持には絶対に欠かせない臓器であり、物を考えたり、感情も支配している所です。

 

大きく分けると、大脳、小脳、脳幹の3つがあり、記憶術に関わる部位は大脳になります。

 

大脳は、大脳皮質と大脳辺縁系などに更に分けられますが、記憶に深く関連するのは海馬体とされています。

 

タツノオトシゴのような形に見える所から名付けられ、大脳深部に左右1個ずつあります。

 

なぜ、記憶と深い関連があるのかというと、病気で海馬を除去した患者はそれ以後記憶する能力が無くなってしまったという実話があり、これからもわかる様に海馬体には記憶が蓄積される場所として知られています。

 

なお、海馬で記憶したことのほとんどは半永久的に忘れない記憶であり、例えば家族の名前など長期記憶と呼ばれるものです。

 

対して、すぐに忘れてしまう様な一度見ただけの電話番号等は短期記憶と呼び、大脳の前頭前皮質で記憶され、恐怖を呼び起こすような記憶の場合は、扁桃体に保持されるそうです。

 

このように、記憶と脳の関連はそれぞれ違いがあります。

 

記憶術には、海馬体の特徴を活かして行うものというのがあります。

 

また、記憶術を発明したとされているシモニデスのように、場所と名前を関連付けて脳に記憶させるという方法や、指を使いながら覚えるという方法もあります。

 

現在知られている記憶術がどのように脳を活用しているのかを、調べてみても面白いのではないでしょうか。

記憶術と脳関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術と脳

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています