効果的な暗記術とは

記憶術と五感

記憶術には色々な方法がありますが、中には五感を使って覚えたという経験を持つ方もいます。

 

これは受験などを目的とした記憶術とは少し異なりますが、スポーツを例に挙げて紹介しましょう。

 

ボールを正確に蹴ったり、正しいフォームでラケットを振るといった動作は、何度も繰り返して行う事で覚えていきますね。

 

同じ動きを反復して練習する事でマスターしていくものなのです。

 

体に動作を記憶させることで、しっかり身に付けば全く意識しなくてもごく自然に動けるようになるのだそうです。

 

これは、方法記憶と呼ばれるものなのです。

 

また、試験などの場合、大量の単語や記号を覚えなければならない事もあるでしょう。

 

その時に活用したい方法が、記憶術で音を使うことです。

 

英単語は実際に発音した方が、スペルもより覚えやすくなると言われています。

 

画数の多い難しい漢字を覚えるのにも、書き順に節を付けて歌いながら覚えるという方法もあります。

 

口で話しながらや、手でも書きながらだと、多くの情報が目と耳から入るので脳の中で記憶が保全されやすいとも言われており、記憶術として効果も高いようです。

 

それに、食べ物を食べている時に、ふと記憶が呼び起こされた経験はありませんか。

 

印象に残るような体験をした時に食べていた物に記憶が結び付いたことで、記憶がより長期に保全されるのです。

 

同様に、臭覚と記憶術と結び付けることも出来ると言われています。

 

記憶は五感を使っても可能なおです。

 

楽しみながら覚えられる記憶術として、試してみてはいかがでしょうか。

記憶術と五感関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術と五感

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています