効果的な暗記術とは

記憶術と運動

記憶術を始める前に、ある準備をすると効果が高まると言われていますがご存知でしょうか。

 

それは何かというと「運動」です。

 

勉強の前に運動するなんてと多くの方が思うでしょうが、実は体を動かす事で脳が活発に活動するという事が分かっています。

 

運動とはいっても、ウォーキングのように軽い運動がよいとされており、30分から長くても1時間程度の全身運動がお薦めでしょう。

 

歩くことで全身の血流を促進させる事が出来るので、脳の血行も良くなって、記憶力アップに繋がる事でしょう。

 

それに、歩行は前頭葉に働きかけるとされており、散歩中にアイデアを思いついたり、難しい問題の解き方が分かった経験を持つ方もたくさん居るそうです。

 

歩く事は思考能力を高める作用があると言われています。

 

そして、記憶術は基本的に机に座って行うのですが、長く座ったままで居ると体の筋肉が凝ってしまいます。

 

軽い運動は疲労回復によく、リフレッシュにも最適なのです。

 

頭がすっきりすると、記憶術も効率良くなる事でしょう。

 

指の運動もお薦めです。

 

指先や手先を動かす事で脳を活発化させてくれます。

 

老化防止に効果的な運動としてもお馴染みの方法ですね。

 

記憶術を行う前には、指先を刺激する事をお薦めします。

 

指曲げや指先合わせ、じゃんけんなどが効果的で、ゆっくり動かしながら手のストレッチをします。

 

足先や腕の運動も一緒にする事で効果も増します。

 

脳がフル回転できる様に、記憶術をする準備体操だと思って行ってみましょう。

 

体を動かすのは事前準備としてでけではなく、ちょっとした息抜きの間にもピッタリです。

 

記憶術をする前の習慣にしてはいかがでしょうか。

記憶術と運動関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術と運動

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています