効果的な暗記術とは

記憶術と睡眠

記憶術で覚えた記憶を定着させる為には睡眠が重要といわれている事をご存知でしょうか。

 

受験勉強などで広く利用される記憶術です。

 

そのせいか、しっかりと記憶する為には寝る間を惜しんで勉強しなければならないという印象があるかもしれませんね。

 

しかし、実は記憶と睡眠は密接な関係があるのです。

 

睡眠不足だと脳も上手く働かない物です。

 

集中力に欠けたり、頭がボンヤリして簡単な計算ミスをしてしまった等は誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

脳には良質な睡眠が必要です。

 

あまり根を詰めて勉強するのではなく、適度に休息をしながら、7〜8時間程度の睡眠をとるのが理想的と言われています。

 

また、記憶術でも眠りが鍵と言われています。

 

記憶は睡眠中に脳に保管されていきます。

 

睡眠時には夢を見ますが、夢を見るレム睡眠の時にその日学習した内容や出来事を思い出して、必要あるものと無いものに選別し記憶するという作業が我々の脳の中では行われている様で、睡眠を取ると、睡眠を取らなかった場合よりも記憶力がアップしたとの実験データもあるのです。

 

記憶術には、睡眠をとるのが大切だとするタイプもあって、記憶にとって睡眠がいかに大切かが分かるでしょう。

 

より効果的な方法は、覚えたいものについて一通り暗記したり勉強した後はきちんと眠り、起きたら改めて覚えなおすと確実に記憶できるそうです。

 

それに、解くのが難しい問題も、睡眠を取る事で記憶が整理されすんなり解ける事が出来たという体験をした方も居るようです。

 

記憶術を効果的にするのは睡眠です。

 

高い眠りは記憶力アップが期待できるのではないでしょうか。

記憶術と睡眠関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術と睡眠

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています