効果的な暗記術とは

記憶術を仕事に活かす

記憶術は受験のためにマスターする方が多いようです。

 

しかし、記憶術を仕事でも活用する事ができたという体験を持つ社会人も多いようで、仕事の効率が上がる事を期待して学んでもよいのではないでしょうか。

 

記憶術が非常に役立つケースに、プレゼンテーションという場面があります。

 

色々な資料を使い説明したりする時に、重点的にアピールしたいことが確実に相手に伝わるよう、話す内容を予め覚える方が多いようです。

 

しかし、思ったように覚えきれず、手元の資料を何度も確認したりする姿は、「安心して任せられない。信頼性に欠ける」と思われてしまうことも多いように感じます。

 

記憶術を使う事で、資料を見ることなくプレゼンが出来ると言われています。

 

そして、プレゼン終了後には質疑応答などが待っていますが、研究データなどの数字を聞かれた際にも、記憶術をマスターしていれば正確に答えることが出来るでしょう。

 

堂々とした態度でプレゼン出来る事からも、冷静沈着な人物だと高評価を受けるかもしれません。

 

また、脳が活性化することによって仕事への理解度やこなす速度なども効率的になるでしょう。

 

業種によっては難しい医学用語や司法用語などの専門知識を知っておく必要がありますから、記憶できる能力が高ければ高いほど評価に影響を与える場合もあるようです。

 

大量の資料に目を通す際にも大変役に立ちます。

 

速読記憶術など、素早く多くの本を読めるようになるテクニックはとても便利です。

 

当然、仕事に関係する資格試験を受けるための学習にも記憶術は最適です。

 

記憶術をマスターしてスキルアップを目指してみませんか。

記憶術を仕事に活かす関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術を仕事に活かす

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています