効果的な暗記術とは

記憶術が広まった背景

記憶術が発明された古代ギリシャ以降、歴史を超えて伝わっていった背景には記憶力を高めるという目的だけではなく、他にも理由があると言われています。

 

古代ギリシャで記憶術は修辞学のひとつとされていました。

 

修辞学とは弁論術とも言われており、どんな風に聴衆に納得させる演説を行うか、言論技術を高める為にはどうすれば良いのかを学ぶ学問で、記憶術が登場した時代のギリシャでは雄弁家という演説を行う専門家もいたと言われています。

 

また、そこ頃はメモを使っての弁論は認められておらず、記憶力が大変重視されていたことからも、記憶術は必須の技術だったそうです。

 

記憶術がヨーロッパに伝播していくと、今度は大量の書物を暗記する時に活用された様です。

 

当時は紙がありませんでした。

 

高価な羊皮紙を使い、書物も手書きで行われていました。

 

聖書などを記憶する神学者や修道士は、記憶術を使い忘れないように努力していたそうです。

 

また、記憶力の高さというのは、古代ギリシャから教養のある方達が身に付けるべき技術であり、常に磨かれているのが前提の技術であったことも大変関連深いのでしょう。

 

時代が変わり近代の日本に移すと、記憶術は明治時代に取り入れられ、『学問のすすめ』の影響からか、学問で身を立てようと強い意志を持つ方が増え、記憶術がブームになったそうです。

 

現代では、受験対策に有効とされており、記憶術に関する書籍などは大変人気があります。

 

今はもう教養人に必須な技術ではなくなったのですが、暗記物が多い分野の勉強ではきちんと知っているのと何も知らないのではかなりの差が出てしまう事から、受験成功のためのコツとして浸透しているようなのです。

記憶術が広まった背景関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術が広まった背景

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています