効果的な暗記術とは

記憶術とパフォーマンス

記憶術は、学ぶべき教養と思われていた過去を持つ反面、パフォーマンスとしても受け継がれてきた所があります。

 

テレビなどで短時間に単語を暗記したり、円周率を何千桁も暗唱している姿が放送されることを目にする時があります。

 

記憶術それ自体は、やり方を覚えればたくさんの情報を覚えることが出来ると言われているものの、スラスラと話すのを見るとやはり驚いてしまいますね。

 

記憶術に優れている方は人々から尊敬されますが、昔は大道芸人でもその様なパフォーマンスを行う人もいて、記憶術を生活の糧にしていた方も居たようです。

 

記憶術は、高度な内容のものを覚えようとすればかなりの時間を掛けてトレーニングしなければならない事もあり、その為なのか普通の人には困難なパフォーマンスとして行われていることも珍しいことではないのです。

 

更には、記憶を使った大会も開催されているのです。

 

イギリス人著述家であるトニー・ブザンが提唱し行われるようになった記憶力世界選手権は、記憶力を競う世界的な競技会で、トランプの並び順やイラストの順番、1時間で10進法の数を記憶するといった、標準的な記憶力で行うには不可能とも思われる困難な種目ばかりです。

 

例えて言うと、記憶力のオリンピックといったところでしょう。

 

超人的な記憶力を見ると、誰でも感嘆の声を漏らしてしまうのではないでしょうか。

 

記憶術を極めていけば、このような大会に参加することだって可能なのです。

 

そうでなくとも、記憶術が勉強などの強力なサポートになってくれると思いますので、興味がある方は是非始めて見る事をお薦めします。

記憶術とパフォーマンス関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術とパフォーマンス

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています