効果的な暗記術とは

ジニアス記憶術とは

記憶術で人気が高いものに、ジニアス記憶術という方法があります。

 

これは川村明宏氏によって開発されました。

 

川村氏は任天堂DSソフトを監修した経歴を持つ速読術の権威でもあり、右脳開発の第一人者としても知られている人物です。

 

川村氏が提唱するこの方法は、右脳を活発化させて行う方法です。

 

トレーニングで脳の働きを高めて、記憶力や学習能力上昇を図る記憶術です。

 

その内容は、先ず最初に3分間のトレーニングを行い脳の効率を上げ知識が定着しやすい状態にするのです。

 

更にジニアス記憶術を行い、記憶力をアップさせます。

 

肝心のジニアス記憶術のコツは、右脳を使うところにあります。

 

普段、記憶は主に左脳で行われています。

 

何度も書き取りをしたり、暗唱すると、その記憶は左脳に蓄積されていくのですが、左脳で保存されるのは短期的な記憶であり、記憶が長期にわたって保存される長期記憶ではないのです。

 

ジニアス記憶術では右脳を使い長期記憶が出来るようにするのが特徴です。

 

一度覚えたら忘れないのが長期記憶なのです。

 

右脳を活性化させる事によって暗記物だけではなく、頭の回転が良くなって学習効果も高まるという事の様です。

 

ジニアス記憶術は左脳と右脳を同時に使って、内容も簡単で誰でも挑戦できる方法だとして口コミでもかなり好評のようです。

 

受験のために始めたという方もいますが、DSの速読術から興味を引かれたという人も多く居るでしょう。

 

記憶術としても、頭が良くなるトレーニングとしても定評のあるジニアス記憶術は、効率良く勉強したいと思っている方にはお薦めの方法ではないでしょうか。

ジニアス記憶術とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ジニアス記憶術とは

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています