効果的な暗記術とは

宮口式記憶術とは

記憶術には今、色々な物があります。

 

その中でも1日たった5分間のトレーニングで効果があるとして評判になっている方法が、宮口式記憶術です。

 

主にインターネットでの情報商材として人気があるようです。

 

宮口式記憶術を開発したのは宮口公寿氏です。

 

30年の年月をかけ考案され、難関試験に適した記憶術と評判です。

 

実際に宮口さんは偏差値41から東大合格した実績を持ち、短時間で驚くほどの記憶量がこなせる方法と言われているのです。

 

暗記物の多い資格試験や、歴史などの受験勉強に最適で、年齢・性別に関係なく実践できるでしょう。

 

記憶術の内容は、イメージを大切にした方法であるといわれています。

 

記憶したい対象を具体的にイメージ化して、更に突飛なものへとイメージ出来るようにトレーニングしていきます。

 

80%までイメージ化出来た時、覚える内容を整理し、記憶する内容を刷り込ませる素材を選び、時期を見計らって復習していきます。

 

イメージはその物によっては強烈なインパクがありますね。

 

特に突飛なイメージのものの場合は記憶にも定着しやすいものです。

 

宮口式記憶術はシンプルながらも、最初は慣れが必要なのですが、イメージ化が出来るようになってくれば短時間でも大量に覚えることが可能になるのです。

 

体験者の口コミにも「記憶力が上がった」や「問題を解くスピードが速くなった」というものが多く見られます。

 

受験のために宮口式記憶術をマスターしたという方もたくさん居るようですので、興味がある方は始めてみてはいかがでしょうか。

宮口式記憶術とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

宮口式記憶術とは

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています