効果的な暗記術とは

記憶術の種類

記憶術にはたくさんの種類があります。

 

それらを早速紹介してみましょう。

 

数字子音置換法は主に英語が使われる国々で活用されているようです。

 

数字を子音に置き換える方法で、0〜9までを決まった子音に換えて覚えるのです。

 

この数字子音置換法と似たタイプのものが、日本で使われる数字仮名置換法です。

 

数字子音置換法で置き換える子音を日本語に合わせて改良し、仮名を使って1〜0をあ行から順に置き換えます。

 

記憶術には覚えやすいように工夫された方法もあり、語呂合わせがそれに当たりるのです。

 

記憶したいものを特定の場所、又は架空の場所に結合させて覚えるのは場所法と呼ばれる方法です。

 

有名なのは、指を使って覚えるもので、片手の指を1〜5まで当てはめるのを片手指法、
両手を使うのを両手指法と言うのです。

 

また、記憶法には時計を使った方法もあります。

 

時計の文字盤を12個の項目と繋げて覚えるのが時計法という方法です。

 

これも場所と対象を対応させるので、場所法の一種に含まれるでしょう。

 

物語を利用して覚えるという記憶術もあります。

 

物語法とは、記憶したい人物や物、地名などを時系列に従って物語を考えるという方法です。

 

言葉の頭文字を取り出す、頭文字法というものもあります。

 

韻を踏んでいる言葉から覚える記憶術の種類もあり、1(one)をsunなどに置き換える方法です。

 

形から連想させる方法もあるようです。

 

それが形態法で、例えば1なら鉛筆など、形が似ている物に変換して記憶していくという方法です。

 

代表的な記憶術の方法は以上ですが、他にも連想結合法や音声変換法など、記憶術には多数の種類があり、現在でも新しいやり方が研究されているそうです。

記憶術の種類関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術の種類

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています