効果的な暗記術とは

記憶術の方法

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています

記憶術の方法エントリー一覧

記憶術の方法
記憶術には、現在分かっている方法だけでも数多くの種類があります。しかし、大きく分けると、記憶しやすいコツをマスターして記憶する方法と、脳の特性を活かして記憶する方法の二つに区別できるようです。記憶するコツを掴んで行う記憶術は、「座の方法」を編み出したシモニデスが代表格です。由来となった宴会場でのエピソードには、参列者を座っていた場所に絡めて覚える方法が登場しています。そして、その中には語呂合わせも含まれますね。それは、文字や数字を言いやすい言葉に置き換えて記憶する方法で、1192年の源頼朝によっ...
記憶術・数字を文字に置き換える
記憶術の方法には、数字や文字に置き換えて覚えるという方法があります。数字子音置換法は世界でもよく知られている方法とされています。英語圏を始め、ヨ−ロッパで使われるもので、メジャー記憶術とも呼ばれているのです。数字を子音(日本語の「あいうえお」に当たる音)に置き換え、0はs,c,z,に、1はt,d,thにと、それぞれに子音を置き換え、子音と子音の間には合う母音を補いながら覚える記憶術です。数字子音置換法を日本語向けに手を加えて使いやすくしたものが数字仮名置換法なのです。この記憶術は、1ならあ行、2...
記憶術・場所で覚える
記憶術では、場所に記憶したい物(名前や日付、数など)を結び付けることで記憶させる方法があります。場所法と呼ばれており、記憶術ではよく知られているものです。場所法の長所として記憶が保持しやすいことが挙げられますが、場所と関連付けて覚えることで脳内で記憶が強く残り、記憶が長期間に渡って保存される、長期記憶になるのです。場所法での場所は実際の場所でも、架空の場所でもよいとされます。よく一般的に知られる場所法に片手指法があります。その方法を紹介すると、5個の事柄を覚えたい時の、左小指を1、左薬指を2、中...
記憶術・物語で覚える
記憶術には、ストーリー性に着目して行う方法もあります。物語法は、記憶したい対象を時系列に並べて覚える方法で、登場する人物や動物などがある行動をしたり、特定の場所にいったりすることを物語のように考え、記憶させていくのです。記憶術では、元素記号を語呂合わせで覚える方法は皆さんよく知られていますね。それを物語法で覚えることも出来るのです。元素記号表とは原子量と酸化数を元にした表の事です。H 水素、He ヘリウム、Li リチウム、Be ベリウム、B ホウ素、C 炭素、N 窒素、O 酸素、F フッ素、Ne...
記憶術・頭文字で覚える
記憶術には頭文字法という方法もあるのです。頭文字法は、その名の通りに言葉の頭文字を覚えるという方法で、難しいコツなど無く、誰でも挑戦できる記憶術といえるでしょう。テレビ・リモコン・時計を覚えるなら、「て」「り」「と」というように頭文字を拾います。言葉の頭文字を抜き出すというだけなので、簡単に出来るでしょう。たくさんのキーワードを覚える時には、順番を無視してよい場合なら覚えやすいように文字を並べ替えても良いでしょう。頭文字が「つでがたき」と拾えた場合、そのままでは全く意味のない文字の羅列で、覚えに...
記憶術で年号を覚える
記憶術が効果を発揮するものに年号を覚える方法があります。年号は似たような数字がとても多く、時系列で覚えていってもなかなか覚え難いものです。特に年号はその時どのような出来事があったのかが一致してなければならないので、効率良く記憶していく必要があるでしょう。記憶術でお薦めなのが語呂合わせです。語呂合わせなど、数字を言いやすい言葉に置き換えて覚える方法が良いと言われています。昔からあった方法ですが、数字を置き換えることで記憶が定着していきます。口に出して言う事で自然と覚えられますし、独特の節回しをする...
記憶術で数字を覚える
記憶術を用いて数字を覚えようとする方も多いでしょう。円周率など、何千何万ものたくさんの桁の数字を覚えるには、普通に暗記する方法ではまず無理だとされています。使われているのが語呂合わせです。日本での円周率の語呂合わせには、「産医師異国に向かう 産後厄なく 産婦みやしろに 虫散々闇に鳴く」というのが有名で、対応するのは、3.14159265 358979 3238462 643383279の30桁になります。英語圏では語呂合わせが困難なのか、数字を文字数で表わして覚える方法が主流で、3.1415を”...
記憶術で英単語を覚える
記憶術を身に付けたいと思うきっかけとなる事が多いのは英単語ではないでしょうか。日本語を母国語としている日本人は、英語を苦手とする方も結構多いでしょう。しかし、TOEICのように英語力を示す検定試験などは就職などにも有利になることから、英語力を高めるという事は社会的にも常識になりつつあると言えるでしょう。英語での難しい分野は英会話や長文問題などが挙げられますが、英語を話す上で重要な英単語を覚えるのは困難なことも多く、これが英語を学ぶことに挫折する原因になる場合もあるのです。英単語が覚えられないのは...
記憶術で顔・名前を覚える
記憶術を日常でも活用しましょう。社会人にピッタリの記憶術なのが、顔と名前を正確に覚えるという方法です。営業職や窓口業務、渉外担当者など、来客と顔を会わせる機会の多い職業の方は顔と名前を覚えるのも仕事の内です。最初に会った時には名刺を頂くと思いますが、2度目、3度目となると、その都度名刺を貰うわけにはいかないし、名前を尋ねることで気まずい雰囲気になる場合もありえます。接客業では、顔を覚えていないと失礼に当たる場合もあり、記憶術で確実に記憶しておきたいところです。そして、顔と名前を早く覚えるておくと...
記憶術と学習法
記憶術の中でも特に学習に役に立つといわれているのがSQ3R法です。SはSuevey(概観)、QはQuestion(質問、疑問)、3RはRead・Recite・Review(読む、暗唱する、復唱する)という意味で、欧米では広く知られている学習法です。これから学習することを概観し全体像を把握して見出しなどを付けます。そして、学習内容について自分なりに質問を作り、更に、自分で作った質問を念頭において熟読し、さらに読み直し、そして最後に復習するといった方法です。SQ3R法は記憶術でもあるのですが、理論的...

Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集