効果的な暗記術とは

記憶術で年号を覚える

記憶術が効果を発揮するものに年号を覚える方法があります。

 

年号は似たような数字がとても多く、時系列で覚えていってもなかなか覚え難いものです。

 

特に年号はその時どのような出来事があったのかが一致してなければならないので、効率良く記憶していく必要があるでしょう。

 

記憶術でお薦めなのが語呂合わせです。

 

語呂合わせなど、数字を言いやすい言葉に置き換えて覚える方法が良いと言われています。

 

昔からあった方法ですが、数字を置き換えることで記憶が定着していきます。

 

口に出して言う事で自然と覚えられますし、独特の節回しをする事で、歌の歌詞を思い出すように年号が頭に浮かぶという事もあるでしょう。

 

語呂合わせでの年号暗記はよく知られている方法ですから、少し調べるだけでいくつも見つかるでしょう。

 

また、音声変換法もお薦めの方法です。

 

最近では新しい記憶術の方法に俳句で年号を覚えたり、出来事からイメージさせるものもあります。

 

俳句は5・7・5に乗せてリズム感もありますから、頭にも残りやすいと言えるでしょう。

 

イメージから記憶する方法は、出来るだけインパクトの強いイメージを組み合わせる事でより記憶が強固に保管され、一層定着するでしょう。

 

普通は想像できない様なイメージであればあるほど、忘れない記憶になるでしょう。

 

たくさんある記憶術で年号を覚えるのに最適な方法とされているのは、ジニアス式記憶術のようです。

 

短時間で大量の暗記をするのに向いているので、なかなか多くの年号を覚えられない、歴史が苦手だという方に向いているでしょう。

記憶術で年号を覚える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術で年号を覚える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています