効果的な暗記術とは

記憶術で英単語を覚える

記憶術を身に付けたいと思うきっかけとなる事が多いのは英単語ではないでしょうか。

 

日本語を母国語としている日本人は、英語を苦手とする方も結構多いでしょう。

 

しかし、TOEICのように英語力を示す検定試験などは就職などにも有利になることから、英語力を高めるという事は社会的にも常識になりつつあると言えるでしょう。

 

英語での難しい分野は英会話や長文問題などが挙げられますが、英語を話す上で重要な英単語を覚えるのは困難なことも多く、これが英語を学ぶことに挫折する原因になる場合もあるのです。

 

英単語が覚えられないのは、単語の数が多いからでしょう。

 

ヨーロッパの言語と比べると、英単語は約2.5倍もの単語があるようで、発音も独特なものがあり、スペルも難しい単語が多くあります。

 

そこで、この様な時に記憶術が有効となるのです。

 

これまでの英単語の学習は、とにかく何度も書いて覚える事でした。

 

繰り返し書き、加えて単語テストなどを行い、または、実際に発音して覚える方法が一般的とされています。

 

今でも学校などでよく行われている方法です。

 

英語力をアップさせる記憶術は多数あるようで、インターネットなどを見るとたくさんの方法が紹介されています。

 

例えば、速く学習する技術が学べる記憶術や、音楽を利用して英単語を覚える方法、それに速読する方法などもあります。

 

「unlucky」や「unhappy」のように、頭に付けることで意味が変わる単語を中心にして覚えていくという方法もあるそうです。

 

英単語を覚えるのに適している記憶術とされのは藤本式記憶術です。

 

初めて知った英単語でも30分で1000個を記憶することが出来るされますので、気になる方は調べてる事をお薦めします。

記憶術で英単語を覚える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術で英単語を覚える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています