効果的な暗記術とは

記憶術で数字を覚える

記憶術を用いて数字を覚えようとする方も多いでしょう。

 

円周率など、何千何万ものたくさんの桁の数字を覚えるには、普通に暗記する方法ではまず無理だとされています。

 

使われているのが語呂合わせです。

 

日本での円周率の語呂合わせには、「産医師異国に向かう 産後厄なく 産婦みやしろに 虫散々闇に鳴く」というのが有名で、対応するのは、3.14159265 358979 3238462 643383279の30桁になります。

 

英語圏では語呂合わせが困難なのか、数字を文字数で表わして覚える方法が主流で、3.1415を”How I want a drink,”というように置き換える記憶術があるようです。

 

数字を覚えるには、語呂合わせ以外にもあります。

 

数字を文字に置き換える数字仮名置換法に、数字を特定の名詞に変換して物語にする記憶術などが知られているようです。

 

また、数字を記憶する事が必要なのは、なにも受験や資格試験などの場面だけではないのです。

 

例えば、銀行で入出金する際に入力する暗証番号や、パソコンでインターネットサイトなどにアクセスする為のパスワードも決められた数字を覚えなければ行えないでしょう。

 

電話番号も同じです。

 

特に最近では不正アクセスを嫌って頻繁にパスワード変更しなければならないサイトも出ていまるので、サイト巡りでたくさんのパスワードを覚えておかなければならない場合が増えています。

 

メモがあれば覚えずに済むのですが、それでは他人にも分かってしまう為安全面が心配になります。

 

そんな時にも、記憶術は役に立つでしょう。

 

日常にも役立つ記憶術で数字を簡単に覚えるコツを身に付ける事も、現代の生活の知恵と言えるのではないでしょうか。

記憶術で数字を覚える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術で数字を覚える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています