効果的な暗記術とは

記憶術で顔・名前を覚える

記憶術を日常でも活用しましょう。

 

社会人にピッタリの記憶術なのが、顔と名前を正確に覚えるという方法です。

 

営業職や窓口業務、渉外担当者など、来客と顔を会わせる機会の多い職業の方は顔と名前を覚えるのも仕事の内です。

 

最初に会った時には名刺を頂くと思いますが、2度目、3度目となると、その都度名刺を貰うわけにはいかないし、名前を尋ねることで気まずい雰囲気になる場合もありえます。

 

接客業では、顔を覚えていないと失礼に当たる場合もあり、記憶術で確実に記憶しておきたいところです。

 

そして、顔と名前を早く覚えるておくと、相手も「一度会っただけなのに、もう覚えてくれている」と好印象を持ってくれるでしょう。

 

そうなれば、人物評価が上がり、仕事が円滑に進めやすくなる事も大いにあるでしょう。

 

ぜひ、早く、確実に覚えるコツを知っておく事をお薦めします。

 

記憶術のポイントは、その人の持つイメージを膨らませて覚えておく事です。

 

顔のパーツの中でどこが印象に強いか、話し方はどうだったか等からイメージしていきます。

 

名前も同じ苗字だと覚えにくいと思いますが、田中さんといった日本人に多い苗字になら、顔の雰囲気などと絡めて記憶に残りやすいように上手くイメージしていきましょう。

 

髪型や服装、その時付けていた香水などと関連させて覚えるというのも効果的です。

 

記憶術には色々な方法があるようです。

 

それから、名前を繰り返し読み上げたり、書くことも良いようで、声や手を動かすと記憶も定着しやすくなるでしょう。

 

快適なビジネスシーンを演出する為にも記憶術で早く覚える様にしましょう。

記憶術で顔・名前を覚える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術で顔・名前を覚える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています