効果的な暗記術とは

記憶術の方法

記憶術には、現在分かっている方法だけでも数多くの種類があります。

 

しかし、大きく分けると、記憶しやすいコツをマスターして記憶する方法と、脳の特性を活かして記憶する方法の二つに区別できるようです。

 

記憶するコツを掴んで行う記憶術は、「座の方法」を編み出したシモニデスが代表格です。

 

由来となった宴会場でのエピソードには、参列者を座っていた場所に絡めて覚える方法が登場しています。

 

そして、その中には語呂合わせも含まれますね。

 

それは、文字や数字を言いやすい言葉に置き換えて記憶する方法で、1192年の源頼朝によって鎌倉幕府が開かれた事を「いい国 作ろう 鎌倉幕府」、元素記号を「水兵 リーベ 僕 の 船〜」などは誰でもやったことがある方法ではないでしょうか。

 

記憶術のもう1つは、脳の機能をアップさせるという方法です。

 

かなり流行った脳力トレーニングなどが有名で、脳を鍛えることで記憶力をアップさせたり、素早く計算できるといった能力を増していくのです。

 

脳はトレーニングをすれば今よりも機能がアップする事が分かっており、鍛えれば鍛えるほど高いスキルを発揮するそうなので、簡単な問題を繰り返したり、瞬間的に見たものを暗記したり、様々な練習をしていくそうです。

 

そして、脳によい食べ物を食べるというのも定番です。

 

脳がエネルギー不足になってしまうと、記憶力や集中力が低下してしまいます。

 

記憶力がアップするというサプリメントも人気があります。

 

記憶術の効果は、個人差があるとされていますから、どのような方法があるかよく調べ、自分に最適な方法で行うようにしたいですね。

記憶術の方法関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術の方法

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています