効果的な暗記術とは

記憶術・数字を文字に置き換える

記憶術の方法には、数字や文字に置き換えて覚えるという方法があります。

 

数字子音置換法は世界でもよく知られている方法とされています。

 

英語圏を始め、ヨ−ロッパで使われるもので、メジャー記憶術とも呼ばれているのです。

 

数字を子音(日本語の「あいうえお」に当たる音)に置き換え、0はs,c,z,に、1はt,d,thにと、それぞれに子音を置き換え、子音と子音の間には合う母音を補いながら覚える記憶術です。

 

数字子音置換法を日本語向けに手を加えて使いやすくしたものが数字仮名置換法なのです。

 

この記憶術は、1ならあ行、2ならばか行、3はさ行、4はた行という風に、1に始まり0までをあ行からわ行まで置き換えて覚えるのです。

 

数字の形から関連付けて記憶する方法が形態法です。

 

1をまっすぐ伸びる煙突や鉛筆に、2はアヒル、3は耳、4はヨットなど、形と物を置き換えという方法です。

 

語呂合わせも数字を文字に置き換える方法の仲間です。

 

記憶術のことを知らない人でもも、語呂合わせなら行った方も多いのではないでしょうか。

 

1はイ、イチ、ひと、2はニ、ふ、ふたなどと読ませ、覚えやすいような節を付けたりして覚えたことは多くの受験生が経験している事でしょう。

 

覚えたいことを置き換える方法は複数ありますが、簡単に覚えられる事からもよく知られているようです。

 

しかし、シンプルな方法ながら効果は高く、年号を覚えたり、円周率を覚えるには向いているでしょう。

 

これらの方法に慣れない間は難しいかもしれませんが、一旦覚えると応用のしやすいのがこの記憶術です。

記憶術・数字を文字に置き換える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術・数字を文字に置き換える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています