効果的な暗記術とは

記憶術・場所で覚える

記憶術では、場所に記憶したい物(名前や日付、数など)を結び付けることで記憶させる方法があります。

 

場所法と呼ばれており、記憶術ではよく知られているものです。

 

場所法の長所として記憶が保持しやすいことが挙げられますが、場所と関連付けて覚えることで脳内で記憶が強く残り、記憶が長期間に渡って保存される、長期記憶になるのです。

 

場所法での場所は実際の場所でも、架空の場所でもよいとされます。

 

よく一般的に知られる場所法に片手指法があります。

 

その方法を紹介すると、5個の事柄を覚えたい時の、左小指を1、左薬指を2、中指は3、人差し指を4、そして、左親指を5として、それぞれに記憶したい対象を当てはめて覚えていきます。

 

両手を使う記憶術は、両手指法と呼ばれています。

 

1〜5までは左の手を使うところは片手指法と同じ様に、右手も使います。

 

両手指法では親指からスタートします。

 

右親指を6、そして、小指が10になります。

 

指を使った記憶術では、最高10までの対象を記憶できますが、それ以上に覚えたい場合には時計法を使うのもひとつの方法です。

 

時計法では、文字盤に関連付けて覚えていくのです。

 

1時を1に当てはめることから始まり、12時を12に対応させます。

 

色んな記憶術の中でも場所法は、1つの場所に1つの事柄を当てはめていきますので、大量の物を記憶したい場合には適していないという欠点があるのです。

 

一度覚えれば忘れ難い長期記憶にはなるのですが、たくさんの対象を覚えたい時には困難な事もあり、少ないことを確実に暗記したい場合に向いている方法ではないでしょうか。

記憶術・場所で覚える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術・場所で覚える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています