効果的な暗記術とは

記憶術・物語で覚える

記憶術には、ストーリー性に着目して行う方法もあります。

 

物語法は、記憶したい対象を時系列に並べて覚える方法で、登場する人物や動物などがある行動をしたり、特定の場所にいったりすることを物語のように考え、記憶させていくのです。

 

記憶術では、元素記号を語呂合わせで覚える方法は皆さんよく知られていますね。

 

それを物語法で覚えることも出来るのです。

 

元素記号表とは原子量と酸化数を元にした表の事です。

 

H 水素、He ヘリウム、Li リチウム、Be ベリウム、B ホウ素、C 炭素、N 窒素、O 酸素、F フッ素、Ne ネオン〜と続いていきます。

 

物語法を使って記憶術に変えるとどうなるのかというと、「水素自動車に乗っていたら、ヘリウム入り風船を持っている人を見た。その人はもう片方の手にリチウム電池を持っていて〜」と言う様なあらすじのお話になります。

 

覚えるのが多くても、物語にする事で印象に残りやすく、記憶にも残りやすい様です。

 

この記憶術でのコツは、出来るだけ感情に訴える様な内容にすることとされています。

 

面白い物語や聞いていて楽しくなるようなお話は、特に意識していなくても自然に覚えていますよね。

 

また、怒りや悔しい思いはなかなか忘れることが出来ないように、感情を刺激する筋立てで覚えるのも効果的なようです。

 

それから、大量の言葉を記憶する際に、物語が長くなってしまう場合もあります。

 

あまり長くすると覚えるのが難しくなることも考えられる為、いくつかのパートに分けて覚えると上手く行くでしょう。

 

ストーリーテラーを自負する方には、最適な記憶術ではないでしょうか。

記憶術・物語で覚える関連エントリー


Copyright (C) 2010 記憶術活用ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

記憶術・物語で覚える

記憶術の種類や活用法を分かりやすく紹介しています